二〇一六年六月一四日

歴史研究と学問的真理の関係

山口多聞記念国際戦略研究所 菊地 英宏


「国家は、何のためにできたのか」は歴史研究にとって重要なテーマの一つである。そして、この時代は、まだ、国家と呼べるものはなく、集団生活が始まり、指導者が生まれ、思想家が生まれ、やがて、などといういきさつが纏められていく。

 

このような研究は、歴史研究にとって大変意義のあるものである。

 

だが、一方では、学問的真理に基づくアプローチも存在する。それは、生物学的なアプローチである。

続きを読む

mixiチェック
wadatsumipress at 19:40|PermalinkComments(0)菊地英宏 

二〇一六年四月二五日

ホロコーストの総括が甘いのはどちらだ。細野豪志の事実認識を糾す!

産経ニュース2016.4.25 12:00の記事「政治家よ、GHQに植え付けられた自虐史観にいつまで囚われるつもりなのか?」を読んだ。同記事の要約は以下の通り、

 

--

サイパン陥落後、日本軍の海空戦力は、ほとんど失われており、それ以降は米国による一方的な殺戮が行われた。

 

これは、人道上、許されないことであるのに、国会議員の認識は甘い。続きを読む

mixiチェック
wadatsumipress at 22:08|PermalinkComments(0)菊地英宏 

二〇一六年二月一六日

北朝鮮のミサイル発射について

去る2月7日、北朝鮮が人工衛星(光明星4号)を搭載したと主張するミサイル(銀河2号改良型)を発射し、成功を収めました。 我が国においては、破壊措置命令に基づきパトリオットミサイルを配備しました。また副次的な影響として、那覇のモノレールが数分間運転を見合わせました。続きを読む

mixiチェック
wadatsumipress at 01:00|PermalinkComments(0)徳望 史夫 

二〇一六年一月三〇日

憲法はじめとするすべての法律は、なぜ存在するか。

週刊SPAによると、119日、14時から衆議院第一会館地下会議室にて、「憲政の常道(立憲政治)を取り戻す国民運動委員会」(略称・民間「立憲」臨調)の発足記者会見が行われた。

 

同記事によると小林節氏は、

「戦争法案が動きだしたときに、我々は何度もあらゆるところで公開討論を要求しました。でも彼ら(安保法制賛成派)は出てこないんですね。続きを読む

mixiチェック
wadatsumipress at 03:09|PermalinkComments(0)菊地英宏 

二〇一五年一一月二八日

出版の予告

本ニュースレターの執筆者である菊地英宏監修の書籍が12月下旬に出版されます。
当初は、電子書籍版で、来年2月には書籍として流通させる予定です。続きを読む

mixiチェック
wadatsumipress at 21:58|PermalinkComments(0)飛騨川光徳 

二〇一五年一一月一四日

米中対決 10の大胆予測

1.中共軍の人工島の巨大航空基地は、一隻の米空母を上回る防空能力を有さず、むしろ、防空能力はこれに劣る。
2.この人工島の脅威は、人工島の航空基地が、中共の本国艦隊の支援及び、共同戦闘をどの程度受けられるかによる。続きを読む

mixiチェック
wadatsumipress at 16:28|PermalinkComments(0)菊地英宏